引越しに伴う事務手続き

引越しというと荷物の運搬というイメージがありますが、それ以外で住所変更などの各種の事務手続きがあります。引越し慣れした人はこういった手続きもあるというのもわかっていて忘れずに段取りに組み込んでいけますが、初めて引越しする人は、連絡し忘れたりして、もれてしまうこともあります。

ざっと上げるだけでも住民票から電話会社、各種保険、銀行、水道、ガス、電気などもタイミングよく連絡して住所変更や解約などをしておかないといけません。会社や学校に関する事務手続きもあります。これが荷物の運搬作業と重なってきたりするとたいへんなことになります。きちんとリスト化するなどして確実に事務処理をしていく必要があります。私が失敗したのは賃貸の火災保険の解約を忘れていて新しい住所に更新の封筒がきて初めて気付いたということがありました。引越しと同時に解約をしておけば無駄にならずに掛け金が戻ってくるはずでしたが、それまで払う必要のない保険を掛けていたことになっていました。またガスや電気、水道といったライフラインもきちん連絡をいれておかないと引越し先ですぐに使えずに不便を強いられることになります。そういうことがないように前もって計画的に事務手続きも予定を立てることをお勧めします。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    カテゴリー

    このページの先頭へ

    政策要因