レンタカーを借りて引越しを想定する場合

 

長距離の引越しをするときには、自分で作業する時にはかなり問題が出る可能性が高いのです。例えば、マイカーに入らない物が多いときには、レンタカーを借りる選択があります。

長距離の引越しを引越し業者に依頼すると、かなりの金額を請求されてしまうのでレンタカーを借りて自前でやった方が安上がりになる可能性があります。

レンタカーの場合は、借りた場所に返却に行く必要はなくなる、受け渡し場所を自分で設定できる場合がほとんどです。その為、引越し前の物件の近くでレンタカーを借り、すぐに積載して移動する事でレンタカーを借りる時間を短縮することができます。

そして、返却の際には新居の近くで引き取ってもらえば最も短い時間で引越し作業を終えることが可能です。しかし、多くの場合1トン車以上を借りる必要があるので、数時間使っただけでも1万円以上請求される場合が多いのです。

このように、レンタカーを使った引越しをする場合には、車を借りる場所がポイントとなります。観光向けで貸しているレンタカーの会社ではなく、土木作業等をする際に利用するトラックを借り入れる対策が有効です。

レンタルの料金体系がかなり変わり安く調達できる可能性が高いのです。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    カテゴリー

    このページの先頭へ

    政策要因