引っ越しの思い出

父の仕事柄、子供のころはよく引越しをしていました。
様々な業者に頼んだことがありますが、感じがよかったのは日通です。日通の業者の方は、誠実で仕事が丁寧な印象があります。ガーデニングが好きなのですが、植物専門の人がきて、きれいに梱包してくれました。

引っ越しは用意が大変ですね。着いてすぐなど、料理をすることもできないので、新聞屋さんに出前のお店のどこがおいしいか聞いたところ、お寿司屋さんを勧めてくれました。そこで、引っ越し当日はお寿司を食べることになって、ラッキーでした。

引っ越した後も、段ボールがいっぱいだったり、道に迷ったりします。段ボールは、初めから完璧にきれいに整理してしまおうとすると、すごく時間がかかってしまいました。ざーっとまずは入れておくのがいいと思います。また、道に迷ったときは、よく道行く人に助けてもらいました。

きれいに掃除してある部屋には入れたときはラッキーですが、そうでない場合、まず掃除から始まります。以前にひどく汚い部屋にあたったことがあります。お風呂の排水溝には髪の毛がびっしり詰まっていました。自分の髪の毛でも気持ち悪いくらいなのに、人のものだと、余計にぞっとします。トイレも殺風景だったため、壁紙を買ってきて貼ったりと、いろいろとその時は工夫しました。

名古屋市内 引越し 相場ってどれくらいなのか知っていますか?

合わせて読みたい記事

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    カテゴリー

    このページの先頭へ

    政策要因