ポイントカード

2015年度も終わり、2016年度を迎え、とにかく目を離していけないことは、<Tポイント>関連のサービスだなあと私の目線でも、気がついています。得られるポイントなんて、多くないことも気がついています。そのあとの事は、各自でどうにかすべきなのだけれど、ポイントを増やすだけではないのがTカードです。どうにかして、積み立てて貯まったポイントで買い物をしてしまうという、電子マネーとしての活躍に関して、目が離せないっていう部分に、何度も力を入れたいのです。サラッと読んで頂いていてもかまいませんが、買い物に関し、店を選ぼう!って言うメッセージを、今日のブログに込めておきたいわけです。
Tカードと聞けば、順序としてはツタヤやファミリーマート、スリーエフも有るし、加えて細かいところをつっつくと・・、カメラのキタムラも触れずにいられません。あとは、忘れてしまいがちなファミレスの業界も同じく重要です。ガソリンスタンドやドトール等々・・、ココまで書けばどなたかお気づきだと思います。そろそろ気づいてほしいのです。自分に適するカードの見極めこそが、明るい日常生活を手に入れられるかどうか、ってほどに考えたいのです。持つべきポイントカードで、移住先も定めよう!とKANNGAEが安定を始めた私の心は、ウキウキであり同時にワクワク感が高まっています。引越し先とTカードについては、まだまだ書きたいことがあるのです。数年後にはTポイントカードの一人勝ちも、どのように転じているかわかりませんが、私たちの未来を先読みすることも、きっと楽しむべきなのです。
引越し先なんて、やたらには選べないのです。決断は慎重に、いつまでもクレバーであり続けたいです。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    カテゴリー

    このページの先頭へ

    政策要因